マッチングアプリのPairsで彼女ができた話

恋愛




どうも、たくちーです。

今日は、マッチングアプリのpairsで彼女ができた話を書いて行こうと思います。

僕じゃなくて友人のJJ(仮名)に彼女が出来たので紹介していきます。

どうせPairsでも、イケメンしか彼女できねえんだろ?

とか、そういった声が聞こえてきますがJJは決してイケメンではないです。

では、なぜ僕の友人のJJにPairsで彼女ができたのかを書いていきますね。

この記事はこんな方向けに書いています

・とにかく彼女が欲しい方

・マッチングアプリを使ってはいるが中々うまく行かない方

 

マッチングアプリのPairsで彼女を作るのに必要なのは2つの心構えだった

マッチングアプリで彼女を作るには3つの必要な心構えがありました。1つずつ見ていきましょう。

注:なお、この記事は最低限の清潔感、ファッションセンスなどをクリアしている前提で書いています。あ、でも友人のJJはファッションセンス別に良くないのでファッションはあんま関係ないかと思います。笑

【Pairsで彼女を作る心構え1】楽しませてあげること

まず、初めに相手を楽しませてあげることが重要になってきます。

そのためには自分が遊び慣れている場所に行くようにしましょう。

というのも、友人のJJはどちらかといえばコミュ障なのでいきなり初めての場所だと何を話せばいいのか、などが分からなくなり気が動転してしまいがちになるとのことです。

しかし、遊び慣れている場所であればエスコートする際も迷うことなく堂々と振舞うことができます。結果、自信があることが良い意味で女性に伝わり会話などを盛り上げることが可能になります。

彼の初回デートの鉄板ルートはというと、新宿の鳥良商店→都庁か新宿野村ビルの展望台です。

 

野村ビルの展望台は、都庁の展望台と比べ人混みではなく良い雰囲気になりやすいです。

新宿のデートコースを使うなら夜に会うとベターです。展望台がいい雰囲気を出してくれるのでそのまま、手を繋いでしまうことも可能です。

さすが、JJ。戦略家ですね。

そして、自分が楽しむのは付き合ってからでいいと。

とにかく楽しませてあげること。そのために彼は話題が詰まったときのために必ず3つ質問を準備しとくみたいです。

 

 

【Pairsで彼女を作る心構え2】ある程度いい雰囲気だと思ったら告白してしまうこと

ある程度いい雰囲気だと思ったらさっさとケリをつけることがマッチングアプリでは重要になってきます。

なぜかというと、Pairsを始めとしたマッチングアプリは女性会員よりも男性会員の方が多い傾向にあります。

そのため、女性側は必然的に複数の男性とやり取りをしたり、会ったりすることになります。

 

つまり、ちょっとでもダメだと思われたら女性側に切り捨てられてしまうリスクがあるということです。

これで僕は何回切り捨てられたことか…笑

一般的には3回目のデートで告白ってよくいいますよね。

しかし、マッチングアプリは一期一会の可能性が大きいです。さっき言った女性側から切り捨てられるリスクが大きいので。

そのため、2回目の告白も雰囲気次第ではアリです。(マッチングアプリ以外の出会いでもJJも僕も2回目の告白はアリ派ですが笑)

そう…JJは2回目のデートで告白しました。

彼は2回目のデートはお台場に行きました。

お昼集合で、お茶をして、映画をみて…

そして夕方、海岸沿いを歩き良い雰囲気に…なったとのこと。

そして、告白…

返事はOK!

むしろ向こうから早く告ってこいオーラがすごかったらしい。笑

すごい!おめでたい!




 

 

マッチングアプリのPairsで彼女が出来ることが分かった!男性の皆さん、頑張ろう

さて、自分の体験談ではなく恐縮ですがPairsで彼女ができるということが分かりました。

 

まとめると

・1回目は遊び慣れている場所に行って自信を持って振る舞うべし。結果として相手に楽しんでもらえる可能性がグッと上がります。1回目でまずは好感度を爆上げしておきましょう。

・マッチングアプリは一期一会になってしまう可能性大!少しでもいい雰囲気だったら2回目に告白してしまいましょう。

 

努力次第で彼女を作れるPairs
に登録するならばこちら


pairs